Aikidō is a Japanese budô created by Morihei Ueshiba (1883 - 1969). Ueshiba studied many traditional martial arts, but the two main influences were a form of ju-jutsu known as Daitō-ryū Aiki-jujutsu, and the spiritual training which resulted from his association with Onisaburo Deguchi and the Omoto religion.  The name [Aikidō] was given to the martial art Morihei Ueshiba created in 1942 and the Dōjō he built, now run by his grandson, the present Aikidō Doshu, is still the world center of the art.


Aikidō can be practiced on many levels and by people of all ages. There are no weight restrictions or weight categories. Its origins in Daitō-ryū aiki-jujutsu make Aikidō an effective form of self-defence, but many people practise as a way to keep fit and healthy and also as a type of spiritual training. There are no competitions or tournaments and training usually takes the form of repeated practice of basic movements and a variety of throwing and pinning techniques.


Hiroshima International Aikidō Dōjō

(established 2002) is a member of AIKIKAI FOUNDATION Aikido World Headquarters under the leadership of Moriteru Ueshiba Doshu, the founders grandson. The three teachers started practice in Europe and have more than twenty years experience in Japanese Dōjō's too. The Dōjō aims to incorporate elements of health and spiritual aspects into practice and to create a place of encounter for people from different cultures.

合気道は植芝盛平(1883-1969)によって創られた日本の武道である。開祖は多くの伝統的な武術を研究したが、おもに大東流合気術として知られる柔術の一形式、そして出口王仁三郎と大本教から影響を受けて生まれた精神的な訓練という、二つの主な影響を残した。植芝盛平が1942年に創った武術に対して、「合気道」という名前が与えられた。また、開祖が建て、現在では合気道の現道主であるその孫によって運営されている本部道場は、今も合気道の世界的な中心である。


 合気道は多くのレベルの、そしてどんな年齢の人も稽古することができる。体重の制限や体重別の階級はない。大東流合気術において、合気道は自己防衛の効果的な一形式として始まった。しかし多くの人々が健康を保つ方法として、また精神的な訓練の一種としても合気道をする。競争やトーナメントはなく、稽古は普通、基本的な動きや、さまざまな投技や寝技の反復練習という形をとる。


 広島国際合気道道場 (2017 十五周年) は、財団法人合気会ー現在は、植芝守央が道主を受け継いでおりますーに属し、ヨーロッパで練習をしはじめて、日本国内でも30年以上稽古を重ねてきた3人の指導者で成立している。武道の視点に健康的な面、または精神力の訓練の面も含めて稽古し、国籍をとわず様々な人が出会える道場をめざしている。